ブログ

小規模宅地の軽減特例

被相続人が住んでいた自宅について、引き続き配偶者等が住む場合は相続税の

軽減制度「特定居住用宅地等」があり、土地の評価額の80%を減額してくれます。

なぜか、土地をそのまま評価すると相続税の支払いが高額になり、引続き住めなくなる可能性があり

また老後の生活費問題も勘案して軽減しています。

しかし、この適用を受けるためには幾つかの留意点があります。

特に二次相続時の子どもが継承する場合は厳しい条件がありますので注意が必要です。

関連記事

  1. 生命保険と代償分割
  2. 自筆証書遺言書の保管制度
  3. 急増する相続訴訟
  4. 遺留分制度
  5. 不動産の分割問題
  6. 孫への生前贈与がお得
  7. 贈与にならない資産継承
  8. 配偶者の居住権創設

最近の記事

    PAGE TOP