ブログ

自筆証書遺言書の保管制度

令和2年7月より「自筆証書遺言書」の法務局保管制度が発足しました。
これまでは自筆証書遺言書は相続が発生すると家庭裁判所にて「検認」を受けないと正式な遺言書としての取扱いが出来ませんでした。
今回の制度を利用することで改竄、紛失等が防止できます。
この制度を利用して争族にならないための事前準備をしましょう。費用も公正証書遺言より安価に出来ます。

 

関連記事

  1. 配偶者の居住権創設
  2. もめる相続、妻の負担増大
  3. 不動産の分割問題
  4. 小規模宅地の軽減特例
  5. 相続税と贈与税の限界税率
  6. 贈与にならない資産継承
  7. 遺留分制度
  8. 急増する相続訴訟

最近の記事

    PAGE TOP