お金についてのコラム

自営業者の必要保障額

自営業者の必要保障額はサラリーマンと比べると3,500万円ほど高くなり、

一般的に6,000万~8,000万が必要保障額となります。

理由:自営業者には「遺族厚生年金」制度がなく、「遺族基礎年金」の適用のみです.

サラリーマンには他に、企業の退職慰労金制度、福利厚生制度等があり自営業者に比べると手厚い保障制度が

があります。

サラリーマンに支給される「遺族厚生年金」の支給額約3,500万円の適用が自営業者にはありません。

自営業者は、しっかりと生命保険等の保障額検討をする必要があります。

関連記事

  1. サラリーマンの必要保障額
  2. 保険相談で既契約会社の保険は勧めない
  3. 保険料の安さに惑わされるな(Ⅱ)
  4. 保険選びのポイント
  5. 保険見直しの注意点
  6. 生命保険を検討する前に
  7. 保険料の安さに惑わされるな(Ⅰ)
  8. 生命保険加入の目的

最近の記事

PAGE TOP