お金についてのコラム

あなたは何歳まで働きますか

  長寿社会を迎え、60歳定年、65歳年金支給開始、何歳まではたらけばよいのか?

育ててもらう期間 働く期間、収入を得る期間 支えてもらう期間(老後)
0歳~20歳(20年) 21歳~70歳(50年) 71歳~100歳(30年)

70歳まで働くことで(21歳~70歳)50年間

育ててもらう期間(20年)+支えてもらう期間(30年)=50年

人生100年時代、働く期間と、育て支えてもらう期間が半々になります。

70歳まで働くことで、老後の生活費、年金受給年齢、老後の収入問題⇒ 老後資金2,000万問題は

大幅に改善します。

FPが提案する「老後資金2,000万円問題」を解決する⇒ 項目を参照ください。

 

 

関連記事

  1. セミナー開催のお知らせ 年金崩壊に備える
  2. 老後2,000万問題解決策
  3. 躍動する職場作り運動を(下野新聞1月1日掲載)
  4. セミナー開催のお知らせ
  5. 老後資金2,000万で「豊かな老後」の夢は実現しない
  6. 老後生活費の実態
  7. 絆アセットマネジメント創立10周年特別記念セミナー
  8. セミナー開催のお知らせ

最近の記事

PAGE TOP