お金についてのコラム

2,000万問題:今後の対策 中期的な運用  ⑭ 

中長期的な資産運用の継続と計画的な取崩し

・高齢社会 ⇒ リタイア後 20年~30年の人生の計画で取崩し実行

・資産の運用⇒ 20年~30年あり、ここから始めても全然遅くない

・退職金 ⇒  生活費、予備費(病気、介護)を控除した「余裕資金」の運用。加齢とともにリスクは低くなる。

心身の衰えを見据えてマネープランを見直す

・心身の衰え⇒ 医療や介護、老人ホーム等への検討で「マネープラン」の再検討が必要になる。

・取引先関係のシンプル化、金融情報の整理、適切な限度設定等。

・金融資産の管理方針(運用、取崩し、資産の使用目的、相続対策)

・財産目録、預金通帳保管、管理方法の整理⇒ 信頼できる人と共有化を検討。

・認知能力低下に備え⇒ 本人の意向に沿った金融サービスの提供継続体制の確認。

関連記事

  1. 2,000万問題:今後の対策 心身の衰えと金融機関 ⑮
  2. 2,000万問題:対策編 資産の寿命を延ばす ⑥
  3. 2,000万問題:就労状況と退職金 ④
  4. 2,000万問題 対策編 老後資産寿命  ⑪
  5. 2,000万問題:対策編 リタイア前後 ⑧
  6. 2,000万問題:対策編 老後の不安資料 ⑨
  7. 2,000万問題:今後の対策 資産形成の有効手段  ⑫
  8. 2,000万問題:高齢社会を取巻く環境 ➀

最近の記事

PAGE TOP