ブログ

2,000万問題:今後の対策 資産形成の有効手段  ⑫

早い時期から資産形成の有効性を認識する

・現役期は老後に備える「時間」を多く有し非常に大きなメリットがある。

・小額からでも「長期、分散、積立」を習慣化し、安定的資産形成が可能である。

小額からでも安定的に資産形成を行う。

・いざというときに備える資金は「元本保証」の預貯金等で確保する。

・資産形成においては一喜一憂することなく「長期、分散、積立」を継続する。

・金融業者に支払う販売手数料、信託報酬等の高低が長期投資に重要。

自らに相応しいライフプラン・マネプランを検討する

・金融に関する知見を得て、NIsAやiDeCoを活用する。

・将来の資産を想定したライフプランとマネープランを検討する。

・必要に応じ信頼できる「アドバイザー」を見つけ相談する事も有効な手段。

関連記事

  1. 2,000万問題:退職金の運用と老後資産 ⑤
  2. 2,000万問題:対策編 資産の寿命を延ばす ⑥
  3. 2,000万問題:対策編 リタイア前後 ⑧
  4. セミナー開催のお知らせ
  5. 2,000万問題:今後の対策 中期的な運用  ⑭ 
  6. 2,000万問題 対策編 老後資産寿命  ⑪
  7. 2,000万問題:60歳以上の収入と支出 ③
  8. 2,000万問題:今後の対策 心身の衰えと金融機関 ⑮

最近の記事

    PAGE TOP