ブログ

2,000万問題:対策編 資産の寿命を延ばす ⑥

対策⇒ 検討した時期、若い時期から対策を実施する

・現役時代⇒ 長期、分散、積立投資で資産形成をする。

・リタイア前後⇒ 自分の就労、保有金融財産、退職金等を検討して生涯にわたり

長期の資産形成管理の重要性を認識しする。

・65歳~95歳 ⇒ 30年間の長期資産を検討する。

<分散投資の有効性>

・長期、分散、積立投資の有効性を認識する。

*1985年以降、各年、毎月同額づつ、国内外の株式と債券に分散投資した場合

① 保有期間5年 ⇒ マイナスリターンも発生するが⇒

② 保有期間20年 ⇒ プラスリターンに収斂する。

 

関連記事

  1. 2,000万問題:今後の対策 長期の資産形成 ⑬
  2. 2,000万問題 対策編 老後資産寿命  ⑪
  3. セミナー開催のお知らせ
  4. 2,000万問題:対策編 老後資金の資料 ⑩
  5. 2,000万問題:単身世帯と認知症の増加 ②
  6. 2,000万問題:就労状況と退職金 ④
  7. 2,000万問題:高齢社会を取巻く環境 ➀
  8. 2,000万問題:今後の対策 資産形成の有効手段  ⑫

最近の記事

    PAGE TOP