ブログ

2,000万問題:対策編 リタイア前後 ⑧

<金融資産の取崩し目減り抑制策>

➀ 退職金等の運用を早期からはじめ、情報収集と使い道について検討する。

② 退職金を踏まえた老後のライフプランを検討する。

③ 働き方の変化が生じることが想定されるが、年金受給、働き方、老後資産額等を検討し計画を建てる。

④ 働き方⇒ 何歳まで働く、正規雇用、非正規雇用の検討

< 高 齢 期 >

➀ 認知、判断能力の低下喪失に備えた行動。

② 心身の衰えに備えた⇒ 医療費、介護費、老人ホーム等の情報収集と準備

③ 金融機関の簡素化⇒ 認知能力が劣化した後も同じような金融サービスを享受できない。

④ 金融機関 ⇒ 退職金等、多額の金融財産を取得時期に「退職者キャンペーン等」盛んにおこなわれているが

真に顧客に相応しいかは、なにか自問するする必要はないか?

ここまでは老後2000万問題の「金融審議会市場ワーキンググループ報告書」の内容を解説しました。

 

 

関連記事

  1. 2,000万問題 対策編 老後資産寿命  ⑪
  2. 2,000万問題:対策編 資産の寿命を延ばす ⑥
  3. 2,000万問題:今後の対策 心身の衰えと金融機関 ⑮
  4. 2,000万問題:60歳以上の収入と支出 ③
  5. 2,000万問題:今後の対策 資産形成の有効手段  ⑫
  6. 2,000万問題:高齢社会を取巻く環境 ➀
  7. セミナー開催のお知らせ
  8. 2,000万問題:就労状況と退職金 ④

最近の記事

    PAGE TOP