お金についてのコラム

定年退職と自己都合退職

退職金制度には「定年退職」と「自己都合退職」の二通りの制度が考えられます。

「定年退職金」は会社の規定により一定の年齢に到達した時点で退職する場合に支払う退職金を指します。

「自己都合退職金」は従業員に都合により退職する場合に支払う退職金を指します。

定年退職金に比べ自己都合退職金の水準は低く設定されています。

どの程度の格差があるかというと一般的に定年退職金に対して40%~70%水準に設定されている

企業が多いようです。

 

 

 

関連記事

  1. 先取特権と既得権
  2. 退職金の優遇税制活用
  3. 確定拠出年金の運用アドバイスは当社で
  4. 確定拠出年金(401K)の落し穴
  5. 給与所得と退職所得対比
  6. 確定給付退職金制度
  7. 福利厚生プランのアドバイス
  8. 自己都合退職金と既得権

最近の記事

PAGE TOP