ブログ

注目される電子部品業界

ww
電子部品大手の業績が好調に推移しています。スマートフォン(スマホ)やタブレット(多機能携帯端末)向け部材の販売が増えている上に、自動車の電子化による恩恵が大きいのが特徴です。14/4-9期の連結決算では村田製作所や日東電工など、大手6社がすべて増収増益となりました。

とくにスマホ業界では、米アップルの大画面化した「アイフォーン6」シリーズの売れ行きが好調です。サムスン電子などの韓国勢に代わり、中国レノボや小米科技(シャオミ)が低価格品で販売を増やしており、2015年も10%の拡大が見込まれるなど、市場はさらに活況を呈することになりそうです。新興国を中心に、高速通信「LTE」への切り替えが進んでいることも、スマホ需要の追い風です。先進国ではともかく、世界のLTE普及率は、2017年に50%になろうかという水準で、対応機はまだまだ伸びる可能性が高いといえるでしょう。完成品では米韓に完敗した日本メーカーですが、中身ではその存在感を増しています。各社の株価も順調に上値を追っています。引き続き、注目してみたいと思います。

〒320-0033
宇都宮市本町10-3TSビル5F
絆アセットマネジメント株式会社
代表取締役 小沼正則
TEL028-650-4321 FAX 028-650-4322

関連記事

  1. 高額時計の販売が爆発的に伸びています
  2. 4Kで復権をかける家電業界
  3. 日本の時計メーカー各社、スイス勢からシェアを奪う好機!!

最近の記事

    PAGE TOP