ブログ

高額時計の販売が爆発的に伸びています

セイコー 高級時計

昨年4月の消費税増税後の冷え込みが続いていた消費ですが、ここにきて底打ち感が出てきました。
けん引しているのが、富裕層を中心とした高額消費です。

品目のなかで特に注目できるのは高級時計で、全地球測位システム(GPS)機能付き高級腕時計などが、都市在住の30代前後の男性や訪日外国人を中心に伸びています。

日本時計協会によると、2013年の国内メーカーの出荷量(国内市場)は、前年比4%増ですが、金額ベースでは14%以上も伸びました。14年も、出荷量は8%増、金額で20%増となる見込みです。

セイコーHDは、昨年9月に新モデルを発売したGPS機能付きの「アストロン」が好評です。
この販売好調が、15/3期純利益を上方修正することに貢献しています。
16/3期には、20万円以上の高級品の販売数を3割増やす計画で、「アストロン」「グランドセイコー」を強化します。「グランドセイコー」については、30万~50万円の限定モデルを投入したり、婚礼向けモデルを展開したりして品揃えを充実させる予定です。

銀座 ワコー(和光)本館

銀座の和光本館は、高級品を買う訪日外国客でごったがえしとのこと。
セイコーの株価にも注目してみたいですね。

〒320-0033
宇都宮市本町10-3TSビル5F
絆アセットマネジメント株式会社
代表取締役 小沼正則
TEL028-650-4321 FAX 028-650-4322

関連記事

  1. 日本の時計メーカー各社、スイス勢からシェアを奪う好機!!
  2. 注目される電子部品業界
  3. 4Kで復権をかける家電業界

最近の記事

    PAGE TOP