無料相談受付中!無料相談予約

お金についてのコラム

相続対策の一時払終身保険が倍増

保険会社が予定金利を引上げたことで一時払い終身保険の販売件数が急増しています。

生命保険は相続対策で様々の目的に応じて有効なことは良く知られている商品です

① 死亡保険金は非課税扱い(500万円×相続人数)、現金保有より相続税を軽減出来る

② 5営業日程度で現金が受取れるために、税金支払い、葬儀費用に充てることも可能です

③ 保険金は受取人固有の財産で相続財産ではないのが特徴です。

・このため遺産分割協議書の対象外となり相続争いになり難い。

  ・受取保険金は受取人固有の財産で受取人自身が手続することで現金が受取れる

  ・受取人を指定することで遺言書と同じ効力がある

④ 最近相続対策で生命保険活用の生前贈与対策に人気があります

「生前贈与機能付き保険」が売れています。

   ・円、米ドル、豪ドルの契約者が指定した通貨で運用し年に一度生存給付金を支払う。

  ・子ども達が受取れば生前贈与になり、贈与枠の110万円以内であれば非課税扱い。

  ・通常、定期的に贈与があると一括贈与と見なされ課税されますが、

   この契約は契約者が生存していないと支払がない事や受取人も変更できる等で一括

   贈与扱いには該当しない等の特徴があります。   

 

関連記事

  1. 節税効果になるか、配偶者の居住権
  2. 2023年贈与税改正のポイント
  3. 実家の相続、安易な共有相続は避けましょう

最近の記事

PAGE TOP