お金についてのコラム

ビットコインから話題になった仮想通貨(暗号資産)

億り人と称され株や仮想通貨にて、莫大な資産を築かれた方の話を耳にすることがありますが、ビットコインから話題になった仮想通貨(暗号資産)について説明します。

仮想通貨(暗号資産)とは、電子データのみでやりとりされる通貨であり、法定通貨のように国家による強制通用力(金銭債務の弁済手段として用いられる法的効力)を持たず、主にインターネット上での取引に用いられています。

仮想通貨(暗号資産)は、貨幣や硬貨が存在しない電子的なものであることから、電子マネーと混同しがちですが、異なる性質のものです。
電子マネーは、電子化された決済手段のことで、基本的には円やドル等の法定通貨を対価として支払うことで利用ができるもので、必ず発行主体があり発行主体が価値の裏づけをしています。また、電子マネーは原則として換金することができません。
一方仮想通貨(暗号資産)は、必ずしも発行主体や管理者が存在しないこと、価値が増減すること、法定通貨と相互交換できること、インターネット上で不特定の者に対する取引に利用できること、などが特徴です。

仮想通貨(暗号資産)は、ブロックチェーンという技術によって記録・管理されています。ブロックチェーンは、データの破壊・改ざんが極めて困難であることから、仮想通貨がシステム障害やハッキング等によって消失する可能性は低いといわれています。しかし、仮想通貨の保有者は仮想通貨の所有を示す鍵を安全に管理しなければなりません。もし鍵を無くしたり、ハッキングをされた場合には消失してしまいます。

主な仮想通貨(暗号資産)はビットコイン、イーサリアム、XRP、ビットコインキャッシュ、ライトコイン、NEMなどが有名ですが、これ以外にもたくさんの仮想通貨が存在しています。

これからも折につけ仮想通貨(暗号資産)は話題になってくるでしょう。購入を検討されているかたは、ご自身での慎重な判断で行ってください。

関連記事

  1. セミナー開催のお知らせ
  2. 日本株が一層輝く時を迎えた!
  3. 株でこんなに儲かりました(週刊現代 2017年3月号掲載)
  4. 日本株は大相場に突入か その4
  5. お寒い日本の運用状況(誰が犯人なのか?)
  6. 日本株は大相場へ突入か その1
  7. 日本株は大相場に突入か その3
  8. 儲かった投資信託、損した投資信託(週刊現代 2018年10/27…

最近の記事

PAGE TOP