無料相談受付中!無料相談予約

お金についてのコラム

個人事業主の年金増やし方、納付額19.6万が240万円に

 個人事業主の年金支給額は国民年金だけです。

会社員、公務員等が「国民年金+厚生年金」があるのに比べると年金受給額は半分以下になります。

そこで、国民年金増額方法に有利な「付加年金制度」の活用を是非お勧めします。

・例えば20歳~60歳まで40年間、毎月400円の付加保険料を払い続けると納めた保険料は

 400円×12カ月×40年=196,000円です⇒ 納付額の半分:96,000円が年金額です

・納付額の半分額96,000円が65歳から年金として支給されます。

 90歳まで付加年金を受給すると納付金19.6万円⇒ 240万円になります。

 付加保険料は社会保険料控除対象です。

申込方法:貴方が住んでいる「市町村役場」又は「年金事務所」で付加保険料を支払いた             いと申出て書類を提出することで納付が始まります。

関連記事

  1. NISA口座の拡充をなぜ急ぐのか
  2. 始めませんか資産運用。 目指しましょう2000万円!
  3. 老後の医療費用と介護費用の想定額
  4. セミナー開催のお知らせ

最近の記事

PAGE TOP