無料相談受付中!無料相談予約

お金についてのコラム

公的年金が6月支給分から2.7%増額

公的年金制度は物価や賃金の上昇があると年金支給額も同様にスライドして

増額になります。

23年度の物価上昇率は3.2%ですが、「マクロ経済スライド」導入で物価の伸び率より抑制

され、年金支給額は2.7%増額されます。

・自営業者が加入の「国民年金」40年加入で月額1750円増額になります。

・厚生年金、夫婦2人のモデル世帯で月額6,000円増額されます。

公的年金支給額は2年連続で増額になりましたが「マクロ経済スライド」の導入で

物価上昇には追い付きません

 このため、国民年金制度で年間約3,600円、厚生年金で年間約11,500円程

 目減りすることになります

関連記事

  1. ライフプランで選ぶ、NISAとiDeCo
  2. セミナー開催のお知らせ 年金崩壊に備える
  3. 退職後の健康保険制度の選択
  4. 75歳以上の医療制度が変わりました。
  5. 絆アセットマネジメント創立10周年特別記念セミナー
  6. セミナー開催のお知らせ
  7. NISA口座の拡充をなぜ急ぐのか
  8. 企業発展のカギは「心の資本」の充実 (下野新聞 2021年4/2…

最近の記事

PAGE TOP