無料相談受付中!無料相談予約

無料相談予約

お金についてのコラム

75歳以上の医療制度が変わりました。

後期高齢者(75歳以上)の医療保険の個人負担額は原則1割ですが、

R4年10月からは新たに2割負担の対象者が増設されました。

*団塊の世代が75歳になり、医療保険制度の財政の安定化を維持するための措置です。

 高齢者にとっては負担増になりますが、将来の子ども、孫への負担増大の軽減策として

 致し方ない改正かも知れません。

 後期高齢者医療保険制度は三区分になります

 *自己負担割合: 通常の1割負担者

 *自己負担割合: 2割負担の方⇒ おおよその目安

   ・1人世帯:年金収入+その他収入=200万円以上

   ・2人世帯:年金収入+その他収入=320万円以上

 *自己負担割合: 3割負担の方現役並み負担⇒ 課税所得145万円以上の方

  *課税所得:住民税納税通知書の「課税標準額」前年の収入から、給与所得控除や公的年金控除等、

   所得控除(基礎控除や社会保険料控除等)を差引いた後の金額です。

  

 

関連記事

  1. セミナー開催のお知らせ
  2. 企業発展のカギは「心の資本」の充実 (下野新聞 2021年4/2…
  3. 絆アセットマネジメント創立10周年特別記念セミナー
  4. セミナー開催のお知らせ 年金崩壊に備える
  5. 退職後の健康保険制度の選択
  6. 長生きのリスクではなく、 長生きを楽しむ
  7. セミナー開催のお知らせ

最近の記事

PAGE TOP