無料相談受付中!無料相談予約

お金についてのコラム

相続時精算課税制度が変わります

2024年より相続時精算課税制度内容が変わります

① 現行は一度「相続時精算課税制度」を選択すると以後の贈与は金額の如何にかかわらず相続時精算課税制度の適用を受け申告の必要があり非常に煩雑でした。

新年度からは基礎控除枠の110万以内であれば、相続時精算課税精度の適用を受けていても暦年贈与同様、申告必要がなくなりました⇒ 相続時精算課税制度の活用が便利になりました。

②暦年贈与では従来、相続時に課税対象に加算されるのは相続発生前3年以内の贈与でしたが、これが7年まで延長されました ⇒相続開始直前の相続対策が困難になりました。

 相続対策はますます長期の対策が必要になりました。

「相続対策用保険商品」⇒ 一時払外貨建て終身保険が人気を集めています。

 

関連記事

  1. お客様の声を追加しました
  2. NISA口座開設は無料です!
  3. なぜ投資信託で損をしてしまうのか?
  4. セミナー概要
  5. 投資者向けの注意喚起
  6. 退職金制度と既得権の問題
  7. 新型コロナウィルス対策に伴う、外務員のマスク着用のお知らせ
  8. フライデー掲載 ウィズコロナ時代に狙う、有望業界&銘柄60、代表小沼が徹底解説

最近の記事

PAGE TOP