無料相談受付中!無料相談予約

お金についてのコラム

退職所得控除の5年ルールと19年ルール

iDeCoと退職一時金どちらを先に受取ると有利か

退職金には勤務年数により退職所得控除という非課税枠があります。

 ・勤務年数20年迄は年40万円 ・勤務年数20年超は年70万円

① 5年ルール

 退職金を複数回受取る場合、前の退職金受取りから5年を空けずに別の会社からの

退職金を受取ると、重複して働いた勤務年数は退職所得控除額の算定から除かれる。

 ② 19年ルール 

前の退職金支給時より19年を空けずに、確定拠出年金(iDeCo)を受取る場合

5年ルールと同様に勤務期間と積立期間の重複分は除かれるため、退職所得控除適用が

できない可能性が大きい。

③最良の対策があるか

重複期間を有効に適用できる例、60歳でiDeCoを受取り65歳以降に会社等の

退職一時金を受取ることで重複適用が可能である。

 退職一時金を先に受給し、その後iDeCoを受取りと19年ルールが適用される。

 

 

関連記事

  1. 退職金制度と既得権の問題
  2. 退職所得と給与所得の税額比較
  3. iDeCo(イデコ)の受取時期で課税額に大差が出来ます
  4. 企業型確定給付年金(DB)と企業型確定拠出年金(DC)のやさしい…
  5. 確定拠出年金制度(401K)のリスク
  6. 確定給付企業年金のお得情報

最近の記事

最近の記事

PAGE TOP