無料相談受付中!無料相談予約

お金についてのコラム

公的年金制度の繰下げ受給の損得について

公的年金制度の繰下げ受給年齢改正(2022年4月)

年金繰下げ受給年齢が70歳から75歳まで今年の改正で延長されました。

年金受給年齢は原則65歳開始ですが今年の改正で75歳受給が可能になりました。

70歳受給開始⇒ 42%増額されます(20万年金⇒ 28,4万年金)

・75歳受給開始⇒ 84%増額されます(20万年金⇒ 36.8万年金)

・長生きのリスクは公的年金繰下制度を検討することである程度解決します。

  *公的年金は終身年金制度です⇒ 一生涯年金受取りが可能です

   100歳以上長生きしても年金は支給されます。

   こんな有利な制度を老後ライフプラン検討の一つとしてはいかがでしょうか。

検討事項

年金繰下げた期間の生活費の準備が必要です。 65歳⇒70歳、概算で1,578万

 生活費26.3万円(ワーキンググルプ資料)×12ヶ月×5年=1,578万円準備

注意点

・夫の年金を繰下げ受給をすると、配偶者支給の加給年金(約39万)と振替加算

 が支給停止になります。

・配偶者の加給年金は配偶者が65歳になるまで支給されますので配偶者との年齢差が

 大きいとかなり不利になる可能性があります。

対策として、年金には「厚生年金」と「基礎年金」があり、配偶者の加給年金に

 関係ない「基礎年金」を繰下受給制度を選択することをお勧めします。

     詳しいことは、お近くの年金事務所にお尋ねく下さい。

 

関連記事

  1. 子育てママのためのマネーセミナー「うれしい託児付き」 in 大田…
  2. 株式会社ハーモニー様において、従業員向けの資産運用の勉強会を開催…
  3. 東京支店を開設いたしました
  4. フライデー掲載 ウィズコロナ時代に狙う、有望業界&銘柄60、代表小沼が徹底解説
  5. 弊社、小沼代表とSBI証券金井執行役員が、今後のIFAビジネスに…
  6. 「老後資金対策・資産運用(NISA)・生命保険」無料セミナーを開…
  7. いまさら聞けない「NISAを始める」
  8. 9月23日(金)に絆アセットマネジメントの「投資信託の個別相談会…

最近の記事

最近の記事

PAGE TOP